東武東上線「下赤塚」駅徒歩2分、有楽町線・副都心線「地下鉄赤塚」駅徒歩4分。
板橋区赤塚の新築・分譲マンション「グランスイート下赤塚」

エントランス完成予想CG

時を超えて、輝きを放つ存在へ。

駅前商店街の賑わいと住宅地の静けさを享受する地に生まれる『グランスイート下赤塚』。
時を経ても色あせることのない端正でシンプルな美しさを追究しました。
住宅としての洗練された上質感を磨き上げたフォルムは、歳月を重ねるほどに街なかでの存在感を増していきます。

外観完成予想CG

落ち着きと洗練につつまれる低層の佇まい。
光の陰影が彫りの深い表情を魅せる、美しいファサード。

街並みに調和しながら、
低層邸宅にふさわしい落ち着きと
風格を奏でる外観デザイン。

店舗が立ち並ぶ一角にあって、落ち着いた低層の佇まいを魅せる『グランスイート下赤塚』。外壁は、ベージュ系の磁器質タイルを貼り分けたデザインを基調としました。商店街に臨むバルコニーには、ガラス手摺りを採用し、透明感のある洗練されたファサードを印象づけます。

経年美化に配慮し、
ひとつひとつ選び抜いた素材を採用。

外壁の基調素材には、飽きの来ない色調の磁器質タイルを採用。エントランスの床・壁には美しさと耐久性にこだわった石調タイルを、緑道を形成する歩道にはインターロッキングブロックを。ひとつひとつの素材を吟味して採用しています。

建物に使用予定のマテリアル

※各タイルの色調は印刷の都合により、実際とは多少異なります。

緑道完成予想CG

美しい緑道の景観を創る外構・植栽計画。
駅前エリアに心地よい潤いを運ぶプロジェクト。

スムーズな出入りに配慮した平置駐車場。

敷地内に確保した住宅用駐車場は、入出庫がスムーズに行えるよう、すべて平置きとしました。

ブロック敷きの歩道と植栽帯により、
美しい緑道を創出。

商店街の一角を形成する西側道路に面して、緑の植栽帯とインターロッキングブロック敷きの歩道を設け、高木の植栽により緑道の景観を創出。心地よい街並みの創造に配慮しました。

落ち着いた住環境が保たれるように
配慮した動線計画。

スーパーマーケット(予定)の出入口を駅に近い敷地南西角に配置し、店舗用自転車置場も敷地の南側に設けました。一方、マンションのエントランスおよび住宅用の駐車場、自転車置場を店舗出入口から離すことにより、落ち着いた住環境が保たれるよう配慮しました。

1年を通じて潤いを運ぶ、常緑樹を主体とした植栽計画。

細身の葉が美しい緑の景観をつくるシラカシ、春に可憐な白花を咲かせる常緑のヤマボウシ、秋に赤い実をつけるソヨゴの3種の常緑高木を主体に、ツツジをはじめとする花をつける低木により、1年を通じて潤い豊かな景観を演出する植栽計画を採用しました。

ソヨゴ

ヤマボウシ

all image photo

細身の葉が美しい緑の景観をつくるシラカシ、春に可憐な白花を咲かせる常緑のヤマボウシ、秋に赤い実をつけるソヨゴの3種の常緑高木を主体に、ツツジをはじめとする花をつける低木により、1年を通じて潤い豊かな景観を演出する植栽計画を採用しました。

  • 資料請求はこちら
  • 来場予約はこちら

※掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状、色等は実際とは異なり、今後設計・施工上および行政官庁の指導等により変更される場合があります。植栽は竣工から十分な成育期間を経た状態のものを想定して描いております。外壁形状の細部、設備機器等は表現しておりません。敷地の内外に敷設される電柱・電線・防護柵等は省略しております。※敷地配置概念イラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。